ようこそ。池戸キリスト教会へ。

教会活動の紹介・牧師挨拶

牧師 小高政宏

2016年4月から桑原淑行牧師の後継として、池戸キリスト教会の牧師として奉仕させていただいております。今は新しい奉仕になれるように努力しているところです。
池戸キリスト教会は、2015年9月に新会堂を与えられました。香川県木田郡三木町池戸にあり、市街地を見渡せる丘の上で、自然に恵まれた明るい環境です。会堂は55.5坪で駐車場も十分にあります。また、隣接する土地をお借りして野菜果物を栽培しています。
1978年に創設され、池戸の地で38年間宣教してきました。今まで、三木富美子師、小畑進師、桑原淑行師が奉仕されました。現在55名ほどの教会員がいます。毎週の礼拝出席は大人と子どもで40名ほどです。幼児から小中学生、大学生、青年もたくさんおり、すべての世代の人がいますので、気の合う仲間との出会いがあります。
教会の特徴として、こちらに来てまず感じたのは、何よりも聖書のみことばにしっかり立つという姿勢です。日本長老教会の西部中会の地域教会として、宗教改革の精神を受け継ぎ、しっかりと礼拝をささげています。礼拝は毎日曜日午前10時30分からです。主日礼拝はみんなが神の前に立ち、神の言葉を聞き、賛美と祈りをささげるときです。ここに真の平安と励ましが与えられます。
礼拝後には、毎週食事会があります。そして、特に関心のある方のための読書会や聖書の教えの勉強会があります。
読書会では、毎月第三週に「平家物語」を読んでいます。また、易経を読む会もあります。
毎週礼拝直後に、カルヴァン著「キリスト教綱要」を用いた教理学習会を持っています。
教会学校は毎週日曜日、朝9時30分から開いています。聖書の教えは、子どもたちの一生の宝となります。優しいお姉さんやお兄さん、お母さんが、子どもたちのために一生懸命に準備して教えてくれます。特に、子どもの教育はどの家庭でも大きな課題です。聖書の知恵と愛が子どもたちの成長を守り支えます。教会学校は、幼稚科、小学校下級科・上級科、中高科があり、何時からでも出席できます。
また、長老教会は一般にしっかりとしているが硬いというイメージをもたれがちですが、一人ひとりの悩みや弱さを互いに覚え、聖書の教えに基づいてとりなしの祈りをし、励ましあっている教会です。祈祷会は、会堂で毎週水曜日朝7時からと、木曜日午前10時から牧師館で行なっています。いろんなことを自由に語り合い、お祈りしています。
どなたでも、どの集会でも、何時からでもご出席ください。聖書、賛美などは準備されています。参加費のようなものはありません。新しく出席してくださる方をお待ちしております。